化粧水とその種類

江戸時代の化粧水は「化粧をするための水」使用目的にあわせて、たくさんの種類から選ぶ

化粧水の解説メインイメージ

化粧水とその種類

化粧水は、肌の保湿のために欠かすことのできないアイテム。

ローション、トナー、トニックなどといった別名を持ちます。

古くは江戸時代から、化粧水が使われるようになったといわれています。

ベーシックスキンケアとしてではなく、化粧下地やおしろいを溶くための水として使われていたことから、この名前がついたと考えられています。

化粧水は一般的には洗顔を終えた肌につけて、保湿するとともに肌荒れなどを防ぎ、肌の状態を整えるためのものです。

8割は水で、残りの1割はアルコール、そのほかにグリセリンや乳化剤、香料、防腐剤などを配合して作られるのが一般的です。

最近のコスメアイテムの流行として、ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミド、アミノ酸、ビタミンといった成分を配合しながら、各社がオリジナルのレシピで商品化しているという傾向にあります。

アルビチンやビタミンC、ハイドロキノンなどを配合することで、美白化粧水と銘打っている商品もあります。

しみ、そばかす、日焼け、くすみなどを防ぎ、色を白く保つという目的で購入する人が多い商品です。

しゅうれん化粧水と呼ばれるものは、しゅうれん剤を用いて皮脂の流出するのを抑える酸性の化粧水です。

アルコール分が多く、クエン酸や乳酸を配合しています。

拭き取り化粧品は肌を拭き取る時に使用するもので、肌を洗浄する目的で用いられます。

プレ化粧水は、化粧水を使う前に使う化粧水です。

洗顔のあとの水道水の塩素を中和し、次ぎに使う化粧水の侵透を良くするために使用されています。

Copyright vertexeducare.com.All Rights Reserved.

当サイト(化粧水の解説)の記事・画像などの無断転用を禁止します。